DOTを知る

【先輩インタビュー】 モニタリング部・リーダー

社員の声 【リーダー職】 前職:病院薬剤師、MR

入社の決め手は?

充実した研修制度と、社長の臨床開発に対する情熱に共感し、この会社で頑張りたいと思いました。また、採用面接の前に、受付で待っていた時、和やかな笑い声が社内から聞こえてきて、雰囲気の良い会社だなあと感じたことも入社の決め手の一つでした。

現在の業務は?

企業治験のモニターとして、モニタリング業務を行っています。北海道から九州まで全国の施設を担当しています。また、グループ長として、チーム員の管理を行っています。

リーダー職で大変なところは?

モニターとしての業務をこなしながら、チーム員の状況を把握し管理しなければいけないところです。モニタリング業務で出張が多い時には、チーム員の顔が見えないため、メールや電話で状況把握に務めています。

リーダー職のやりがいは?

チーム員が同じ方向を向いて、一丸となり仕事を進めることができているときは、やりがいを感じます。また、チーム員が真剣に仕事に取り組んでいる姿を見たとき、社内・社外問わず、チーム員が褒められている姿を見たとき、とても嬉しく私自身励みになります。

DOTの強みは?

臨床試験のモニタリングだけでなく、臨床試験の立案、DM/STAT、メディカルライティングなど一連の業務をパッケージ受託するため、モニタリング以外の業務も経験できるところが強みだと思います。社長をはじめとした経験豊かな先輩方から臨床試験運営のノウハウを直接学べるところは、どこにも負けない強みだと思います。

今後の目標は?

モニタリングのスペシャリストとして、社内、治験依頼者、医療機関に頼りにされるモニターになることです。

MENU