DOTを知る

【先輩インタビュー】 モニタリング部・新卒

【新卒】2013年入社

入社の決め手は?

【新卒】2013年入社

社会的に貢献度の高い仕事であり、新薬が日本や世界に産み出されていく現場に立ち会えるという点がこの業種を選んだ理由です。その中でもDOTに決めた理由は、折戸社長の“もっと会社を大きくする”という言葉や臨床開発にかける誠実な思い、また、規模が小さい分、自身の仕事や成長がそのまま会社の発展につながるという点に魅力を感じ、入社を決めました。

導入研修はどのようなことをするのですか?

GCPや薬理学など座学での研修に加え、社内でプレゼンやモニタリングなど様々な場面でのロールプレイを行いました。また、資料は社内で作られているため、社長や先輩方が実際に経験されたことが直に反映されており、終始現場を想定したとても充実感のある研修となっています。私は、もともと薬学の知識が無かったのですが、折戸社長をはじめ多くのリーダークラスの方々が教えて下さり、テスト形式で習得度を実感できるのでとても勉強しやすいと感じました。

入社後、モニター職のイメージは変わりましたか?

プロジェクトに配属されてから、一つの治験で扱う関係書類の多さに驚きました。また外勤等で、一人で飛び回ることの多い仕事だという印象が強かったのですが、書類の内容を覚えることはもちろん、確認すること、作成することなどデスクワークが基本だということや、チームや病院関係者との連携がとても重要なものだと感じています。

社内はどんな雰囲気ですか?

女性社員が多いため、基本的に和やかな雰囲気の職場です。やさしい方が多く、先輩方との距離も近いので話もしやすく、わからないことを聞けば丁寧に教えてくれます。同期や、入社時期の近い方とは、研修などで様々なことを一緒に経験するのでとても親しくなりました。また、グループ会社との交流や社員主催のイベントも定期的にあり、普段接することの少ない異なる業種や先輩と接することができるので、とても良い経験になっています。

今後の目標は?

まずは、現在所属しているプロジェクトを成功させて、新薬を世の中に出すことを目標としています。そして、依頼者さんや病院関係者の方々に「次もDOTで!」と思われるように丁寧で誠実な、気持ちのいい仕事を行い、「多くの人から信頼を得る仕事」を行うということを目標としています。

MENU