DOTを知る

【先輩インタビュー】 クリニカルサイエンス部
クリニカルサイエンスグループ

薬の安全性の再確認と新たな使用法の確立。その臨床研究に関する支援を担当しています。クリニカルサイエンス部。前職:MR

入社の決め手

臨床研究が開始される前から研究期間中のあらゆる業務の支援を担当し、他社では得ることが出来ない、多くの経験を積める点に魅力を感じ、入社を決意いたしました。

現在の業務

研究の進捗状況により、業務内容は大きく変わることがクリニカルサイエンスグループの特徴です。現在は主に研究に関する資材や書類の作成、症例登録進捗管理、定期報告、医療機関の先生や施設担当者からの電話対応等の業務を行っております。

クリニカルサイエンスグループのやりがい

自分の考えを行動に移し、業務をこなすことで得た知識を生かし、経験の幅を広げることが出来る点にやりがいを感じます。その経験をもとに、医療機関の先生のご要望をいち早く察知し、行動に移すことで、感謝の言葉をいただいた時には、この上ない喜びを感じます。

DOTの強み

当社のクリニカルサイエンスグループでは、医療機関の先生方と直接やり取りをする「リエゾン」と、資材作成や管理業務などを行う「内勤チーム」が情報を共有し、協力しながら効率的に業務に当たっています。また、臨床研究の立案から、統計解析、論文作成の一連の業務をサポートできる部分が強みだと思います。

社内の雰囲気

女性社員が多く、男女関係無しにチャンスを与えていただける会社だと思います。また、オフィスがワンフロアのため、他部署とのコミュニケーションが取りやすい環境だと思います。

今後の目標

臨床研究は指針の改定があり、過渡期の真っ最中です。自分たちで作り上げていく分悩みもつきませんが、臨床研究支援といえばDOTと言われるような支援ができるように頑張っていきます。

MENU